歴史とか

2016年09月19日

真田丸丸・・・

代替案のための弁証法的空間   より  


上記文抜粋
・・・・・・・・・・
真田丸 第37回「信之」感想


 今回は観るのがつらい回でした。
 大谷吉継は涙を浮かべながらも「治部楽しかったぞ」。石田三成は無言のまま笑みを浮かべる。二人ともやり切った、悔いはないという表情であの世に旅立っていきました。合掌。
 あなた方が治めた近江も越前敦賀も、あなた方の志を受け継いで、今日も立派に発展しております。 

★真田軍最後の抵抗について

 冒頭、関ケ原の敗報が伝わっているにもかかわらず、徳川に降伏するのを拒否し、上田城を包囲して残留している徳川軍に切り込みをかけるパパ昌幸の最後の闘志が見られました。このシーンを描いてくれたのはよかったです。高梨内記の殺陣シーンが見られたのは、ドラマ全編を通してこれが初めてだったような・・・・・。
 大坂城が徳川の手に落ちたという報告を受けて、抗戦をあきらめざるを得なくなったときの昌幸の悔しがり方、迫真でした。実際、今から416年前の真田昌幸の悔しがり方もあのようではなかったのかと・・・・。

 今回が見納めの昌幸着用の鎧は、若き日の武藤喜兵衛が信玄公より授かったと伝わる「昇梯子の鎧」です。草刈昌幸が、この鎧を身につけて殺陣を行うシーンは、「真田丸」全編中でも、最初で最後になりました。昌幸がこれを着用して戦う姿を見れただけでも、私は満足です。

 昇梯子の鎧、現物は松代の真田宝物館にあります。無用な装飾のない、いかにも戦国風の実戦本位のシンプルなつくりに感動します。(ちなみに上田よりも松代の方が観光資源としては、はるかに見るものは多いので、真田丸ファンの皆さま、上田のみならずぜひ松代にも足を延ばしていただきたく存じます。)

 史実では、9月15日に関ケ原の本戦があり、それから一週間後の9月23日に真田信繁が葛尾城を朝駆けで攻撃したという記録があります。ドラマでは信繁は父を抑えていましたが、実際には信繁が先頭に立って戦っています。(ちなみに私は、敗戦を認めたくなくてヤケになって奇襲したというわけではなく、上杉との連携のもとでの綿密な作戦計画に従った攻撃だと考えています)。

★信之の改名について

 今回の三谷脚本で斬新だったのが、信幸が信之へと改名するのは家康の命令であったという解釈。家康は「幸」の字を捨てるように指示したが、信幸は最後の意地で、字は変えても読みは変えなかったと。私は徳川の目をはばかって、自発的に改名したものだとばかり思っていましたが、斬新な解釈だと思います。

 ドラマ開始当初の小心でかわいい家康から、貫禄たっぷりのラスボスへの変貌ぶりも見事です。一年のドラマの中で、一人の人間が変化していく様子を、ここまで描ける脚本も、また演じる役者もすごい。
 (地位が人間を変えると言いますが、研究者業界でも、権力に迎合して御用学者に変化し、尊大になって、Sっ気が出てくる人、いますからね~)

 最近NHKで発表されたところによると、なんと信繁は大坂入城後、実際に「幸村」と名乗るとのことです。私も、実際に改名したと考えている一人ですので、この決定はうれしい。
 三谷さんも、脚本を書き進めるにしたがって、信繁の感情とシンクロするに、やはり改名したはずだという考えに至ったのではないでしょうか。
 信之は、徳川への忠誠の証として祖父と父の通字であった「幸」の字を捨て、「信」を通字として徳川に仕えた。それと同様、信繁も豊臣への忠誠の証として、徳川方の真田の通字である「信」の字を捨て、信幸が捨てた父譲りの「幸」の字を拾って、それを徳川に抵抗するシンボルとしたと思います。信繁の心境になってみれば、改名しなければ不自然です。

★秀忠はハマり役

 それから星野源さんの秀忠、これまでに描かれたどの秀忠よりも、いちばん本当の秀忠に近いような気がしてきました。最初、秀忠はコメディ路線で行くのかと思っていましたが、そうではなかった。あの融通が利かない一本気なところ、本当にそうだったのでは・・・と思えてきます。
 秀忠と正純の二代目コンビの描き方、なかなか見事だと思います。
 上田城の明け渡しを倅の信幸にやらせようという家康に、本多正純は「内通しないとも限りませぬ」と釘をさす。絵に描いたような官僚主義的対応・・・・。

 この後、秀忠は、外様の福島正則から、一門の松平忠輝や松平忠直から、最後の仕上げは腹心の本多正純・・・・と、法度に背けば、情を挟まず即改易と、淡々と政務をこなしていきます。「おめぇには情ってものがねえんだよ~」と叫びたくなってくるような官僚主義です。あの融通の利かない星野秀忠でしたら、実際にそういうことをしそうなので、納得できます。

 葵・徳川三代のときの西田秀忠は、とてもそんなことはしそうもない人物に描かれていたために、その辺の史実とはギャップがありました。

★夫と次男と別れた母上の嘆き様

 ドラマの中で夫と次男と別れる母上の姿が、現実世界で苦悩する姿と重なってしまい、見るのが辛かった。あのシーンが事件の前に収録されたのだとは、にわかに信じがたいほどのやつれ様でした。


P.S.
それから本日いちばんのサプライズは、堺雅人の公約実現でした。本年正月のブラタモリの真田丸特番で、上田城を歩いていた堺雅人が、「烏帽子岳が三回冠雪すると、里にも雪が降る」という話を聞いて、「あ、それドラマの中でアドリブで使っちゃおうかな~」と言っていた冗談話。これが冗談にならず、ドラマの中で、信繁が小山田茂誠に向かって、実際にこのセリフを発するのですから・・・。これは驚いた。
 このウラ話、堺さんから聞いてみたいですね。堺さんの提案か、それともブラタモリを見ていた三谷さんが脚本に組み込んだのか・・・。どっちでしょう?




・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり


まあ、ほぼ同感。

私は少し小早川秀秋の描写が、気に食わない。
 
秀秋は、下手したら石田三成に粛清されかねない立場なので、裏切った面もありますし、そこそこ優秀なので。

「自分は正しいことをした」と強弁を続けて、心身が疲弊して死ぬ・・・て感じの方がよかったと私の感想。



あと秀忠は家康から「官僚主義」的なところも買われて、後継者になった。

秀忠は、その政治力で、幕府を盤石なものにして、後に渡したというところもある。

漫画「ひょうげもの」で家康が、秀忠の官僚主義に過ぎるところを是正させるために、ひょうげものの古田織部を茶の師匠にするという設定があるし。


立花宗茂とか水野勝成とか、これも一癖も二癖もある古強者を重用するところも、秀忠の面白いところ。

その癖が秀忠の長所というべきかな・・・


信之が、秀忠の在世中に、加増を受けている。


癖あるけどね・・この加増も・・・。十万石を超えるので「格が上がった」面もあるが、真田の故地から引き離す面もある。

真田からみたら「えげつない嫌がらせ」 

徳川から見たら「皮肉も込めた賞賛と賞与」


ってことになる。



まあ、たまにはこういう歴史オタク話も・・



お読みくださりありがとうございます。


 

henzyouhiryuu at 10:36 

2016年03月05日

勝頼の敗因・・。信玄の戦略ミス・・・。

戦闘教師ケン 激闘永田町編 より  

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・
平山優 『長篠合戦と武田勝頼』


「長篠の戦い」は戦国マニアにとって最も熱いトピックの一つである。それは、新たな学説が提示されて、従来の解釈が覆されているためだが、新説に対する反論もなされ議論百出しており、常に情報を更新する必要がある。先の稿でも紹介したが、通説に対する疑問は主に以下の通り。

・武田「騎馬軍団」の不在
・「勝頼無能説」への疑問
・織田「鉄砲三段打ち」の虚偽
・同「鉄砲三千丁」への疑問

従来の説では、武田方が有する「騎馬軍団」を勝頼が過信して、配下武将の反対を押し切り、織田・徳川連合軍に突撃を強行して全滅、となっている。
最近の研究では、まず騎馬軍団の存在自体が否定されており、武田軍の編成は他の諸大名とほぼ同じで、「騎馬武者の数が特別に多かった」などということもなければ、「騎馬隊の集中運用」なども存在しなかったとされている。また、武田家の領域は勝頼期に最大となっており、当時の一次資料でも勝頼を「無能」とする評価は見られず、結果論的に一方的な評価がなされているということで、武将としての再評価が進んでいる。
さらに織田勢の「鉄砲三段打ち」はほぼ江戸時代の創作という分析が確定しているが、「鉄砲三千丁か一千丁か」についてはいまだ議論が定まらない。

本書は最新の学説を踏まえた上で、改めて新説を疑い、二次資料を再精査、新たに発見された一次資料を抑えつつ、全体的に勝頼の事績と長篠合戦の意義を評価している。特に武田家のおける勝頼の立ち位置と設楽原決戦に至るまでの戦略的経緯について良く検証されており、戦場の断面ではなく当時の全体状況から「なぜ長篠合戦に至ったのか」を俯瞰している点が秀逸だ。また、敢えて昨今評価の高い新説を疑って、「信長公記」の諸々の写本や「当代記」を比較して信憑性の高いものを精査する手法や、「甲陽軍鑑」を全否定せず批判的に読み解くことで史実に近づこうとする意欲も評価される。
結果、本書はやや旧説に近いものになっており、武田騎馬隊(騎馬突撃)の存在を肯定、鉄砲は三千丁説に軍配を上げ、「三段打ち」については三段式では無いが交替式による連射システムが存在していたとする。概ね納得の行く考察であり、私の評価も更新する必要があろう。ただ、個人的には「重臣がこぞって撤退を進言したが、勝頼の個人的決断で突撃が決められた」とする「軍鑑」の記述はどうしても「後付け」のような気がしてならない。
ただ、設楽原決戦の実態については、同氏の別の著作で詳細に検証しているようなので、いずれそれも読んでみたい。

興味深いのは、織田・徳川に宣戦布告した信玄について、上杉謙信が「無謀な決断」「蜂の巣に手を突っ込むようなもの」と評している点で、事実その半年後に信玄は病没、勝頼は長篠合戦で大敗し、武田の勢力は三河と美濃から放逐され、ついには滅亡してしまった。また、武田の遺臣たちは滅亡の原因について誰も長篠の敗戦を挙げておらず、大半が「甲相同盟の破棄に伴う織徳北の半包囲体制」としていた。つまり、武田家家臣団は「織田・徳川と戦うのは仕方ないが、同時に北条とまで戦うのは無理」という評価を下していた。ところが、甲相同盟破棄の主因は、信玄による甲駿相三国同盟の破棄(今川氏真攻め)にあった。駿河を取った結果、武田家は徳川家と衝突、信玄は織田・徳川分断工作を図るも失敗し、両家を敵にしてしまった。信玄は伝説化されてしまっているが、その戦略については最新の研究で「場当たり的」とする評価もあり、再評価されるべきであろう。




・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
抜粋終わり

 
なるほど・・・


お読みくださりありがとうございます。
 

henzyouhiryuu at 10:52 
ギャラリー
  • 初弘法・2020
  • 月参りでした。 
  • 月参りを。
  • 暑い中を須磨寺に・・・
  • 遅れながら、月参りの記事。
  • 遅れながら、月参りの記事。
  • 一応忘れないうちに、月参り。
  • まあ月参りです。
  • 一日遅れで。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。