兵書とか

2015年07月12日

未然に防ぐを最上とす。 

孫子 謀攻第三 より

http://kanbun.info/shibu02/sonshi03.html   


上記文抜粋
・・・・・・・・
ゆえに上兵じょうへいぼうつ。その次はこうつ。その次は兵をつ。そのは城をむ。




・・・・・・・
・・・・・・・・・
抜粋終わり

 
まずは、その戦争の意図を打ち破る。その次は外交で抑え込む。次は軍事作戦。最悪は市街戦に持ちこんでの悲惨な総力戦。



だから、「集団的自衛権」の話で「ボヤで止める・戸締りの声掛け」を「集団的自衛権の行使」って土台おかしいのです。

謀略・戦争への企図を壊すのが、「ボヤで止める・声掛け」になるのですけど・・・


そういうのを如実に表すの故事を

晏子春秋の一節で

http://juei.kakurezato.com/k-sonsosessyou.html より

上記文抜粋
・・・・・・・・・・
春秋時代、斉の景公の時の話。

晋の平公が斉を攻めようと思い范昭を使者として派遣し内情を探らせた。

宴席にて、范昭が君の酒をいただきたいと言ったので景公は自分の酒樽から酒を与え、范昭はそれを飲み干した。

すると宰相の晏子は酒樽を撤去して換えるよう命令し、別の酒樽と杯が用意された。

范昭は酔ったふりをして悦ばず、立って舞い、楽人に「私のために周の音楽を演奏してくれ」と言った。

しかし楽人は 「私には出来ません」と言った。

范昭はついに退席し帰国した。

後で景公は晏子に大国である晋の使者を怒らせてしまったがどうするのか訊ねた。
晏子は答えていった。
「范昭は実直で礼を知らないことはありません。これは我等を試したのです。だからわざとああしたのです。心配することはありません」

景公は次に楽人にどうして客のために周の音楽を演奏しなかったのか訊ねた。
楽官は答えて言った。
「周の音楽はすなわち天子の音楽です。だから私はは演奏しなかったのです」

范昭は帰国し、平公に報告した。
「斉はまだ討つべきではありません。私がわざと無礼を働くとすぐに晏子が正しました。次に楽人を騙そうとすると楽人は礼を知っていました」
そのため斉を討つ計画は取りやめになった。

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり

このあと、孔子が「宴席で侵略を止めるとはさすが晏子」と論評している。



そういうことを知っていると、考え方を過たないと思います。


お読みくださりありがとうございます。
 

henzyouhiryuu at 20:42 
ギャラリー
  • 出開帳に行きました。
  • とある龍神の祀り方。
  • 関東のは方は、あまり護摩の時に・・。
  • 初弘法・2020
  • 月参りでした。 
  • 月参りを。
  • 暑い中を須磨寺に・・・
  • 遅れながら、月参りの記事。
  • 遅れながら、月参りの記事。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。