2019年07月

2019年07月28日

遅れながら、月参りの記事。

先週いった須磨寺の話。

暑いなか行きましたよ・・・

ド糞暑かった。

ちょうど、梅雨と真夏の間で、服装も梅雨モードで、少々のぼせたままで・・

で本堂にお参り・・

今回は、心経と観音さんの真言を300回。

で、護摩堂にお参り。

心経と、不動真言。それと金剛界大日如来の真言は300回。

まああとはいつものように愛染明王さん・弘法大師さんとお参りしました。

img2f6d4bc4zik0zj
違うけど、岩間寺の非核観音


img0e341ec9zik6zj
愛染明王。{須磨寺}


正味、暑くてキツカッタ・・・・


で、現在ですが、障碍者年金の受給が決まったみたいです。

来月は、それのお礼も含めてお参りしたいです。

本当によかった。


ついでに、今日、以前お参りして年金のことをお願いした播磨観音霊場の札所の千手観音さんと、自宅近くの氏神さんにも、お礼詣りしてきました。

本当にありがたいことです。

お読みくださりありがとうございます。

henzyouhiryuu at 16:26 | 寺社巡礼とか  

2019年07月11日

怪しいので、避難先に

元祖ファシスト=天皇との戦い。
2019年07月11日 政治向け 0

上記文抜粋
・・・・・・・・・・・


それは、日本がソビエト時代の生産プロセスを利用し、安倍晋三(※当時は父、安倍晋太郎の秘書官)の大量破壊兵器取引と関連したオウム真理教の密輸作戦で得たものです。安倍晋三とその一味は、1980年代後半から1996年3月20日までの東京オウム地下鉄サリン事件の前日まで、ボルヴォグラード(スターリングラード)からの神経ガスの大量の秘密輸送に携わっていた。

 なお、その時点で、日本政府は宝島30誌(※宝島30「ぼくらのオウム戦争」)の閉鎖を命じ、編集長も首にして、ジャパンタイムズウィークリーの編集長をオウム真理教の創業者である創価学会のスタッフに移管するよう命じた。言うまでもなく、クアラルンプールでやっているように、米国のニュースメディアとCIAと韓国の情報機関は、東京のオウム地下鉄サリン事件の真相の隠蔽も図った。
現在、東京オウム地下鉄サリン事件発生の26周年を迎える直前に、有機リン酸神経ガスを使った事件がクアラルンプールで再び起きた。偶然にも、日本大使館は、福島の放射能放出の健康影響に関連する情報の抑制を含む、マレーシアの首都の諜報活動において積極的な役割を果たしてきた。

クアラルンプールは、真理、司法、民主主義の擁護者である日本、米国、韓国の新ファシストスパイの三国間協力の拠点の一つです。マレーシア航空機MH370に何が起こったかを思い出してください.MH370は、同じ魔法使いのキャストから消える行為です。

731部隊のルーツ

これらの3つの力によって演説された黒人隊は、日本の韓国占領と中国北東部の買収において暗いルーツを持っています。安倍晋三首相の祖父は、準軍事南満州鉄道の財務長官であり、中国側に誤って犯された鉄道爆撃などの偽旗攻撃のパイオニアである。

山口県に根ざした岸氏は、戦時中の黒龍秘密集会(中国とロシアの黒竜江川の境界にちなんで名付けられた)に密接に関連しており、後にケンペイタイとギャングの民兵と呼ばれる軍事警察戦後のヤクザとしての評判を得る。

このファシスト運動は、貴重な石が埋め込まれたリングを得るために指を切断するように、韓国の兵士に国家抵抗軍に対するより残忍な攻撃を行い、武装強盗を行うために使用された。日本軍に派遣された韓国の協力者の1人が朴正熙(パク・チョンヒ)であり、後に韓国の戦後大統領となり、現在の朴槿恵(パク・クネ)の父となった。名声を得て、彼は韓国人よりも流暢に日本語を話しました。

マンチューコの人形館の主任官僚として、七七年に指定された化学生物戦を支持し、囚人だけでなく、中国の都市人口に対する爆発や他の有毒物質の生存テストを実施した。

日本の敗北の後、731部隊は、日本人に優しい米軍将校の支援を受けて、ユタ州のダグウェイ・プロービング・グラウンドに移転することによって、戦争犯罪に対する罰を免れました。そのほとんどは、日本語で訓練されたモルモンです。(アデルソンのカジノのモルモン警備員への早送り、マレーシアの関係者の巻き込み、そしてマカオでのDoan Thi Hoangのやり方など)

この隠れた三国間協力の遺産は、韓国と日本の政治的威嚇、ニュース検閲、戦争混乱の原動力として引き続き存在している。そのような悪意のある、積極的で根っからの悪質な敵では、ネオファシストの日本人によって密かに蓄積された大量破壊兵器と比較して、軍の反撃力が非常に小さいとしても、

したがって、ドナルド・トランプ大統領の存在と賢明な対話とアメリカの権力に対する静かな信頼を擁護することは、武器競争を止め、無意味な対立精神で止める機会に値する。トランプに反対するディープ・ステート構造は、アメリカの民主主義の脅威の一層のものであり、したがって根本と支部を引き抜かなければならない。




・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり

>したがって根本と支部を引き抜かなければならない。


天皇制を根絶やしにしないといけない。


お読みくださりありがとうございます。


henzyouhiryuu at 18:25 | 政治とか  
ギャラリー
  • 初弘法・2020
  • 月参りでした。 
  • 月参りを。
  • 暑い中を須磨寺に・・・
  • 遅れながら、月参りの記事。
  • 遅れながら、月参りの記事。
  • 一応忘れないうちに、月参り。
  • まあ月参りです。
  • 一日遅れで。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。