2018年02月

2018年02月06日

失政など「天皇」にはあり得えない。by天皇真理教徒。だから山河が焦土となったことも放射能だらけになっているのもあり得ない。by天皇真理教徒


ワイド師匠‏ 
@feedback515
フォロー中 @feedback515さんをフォローしています
その他 ワイド師匠さんが山崎 雅弘をリツイートしました

さっきも言ったけど、日本に失政という概念は存在しない。この国自体が自然現象的なものだからだ。「失政なる概念はない」ことを示す事例の一つがこの「靖国システム」だ。だからこそ日本の国家主義者は、前文で「政府は失政を重ねる」と宣言した現憲法を激しく憎悪するのだ。


伊丹和弘@マリサポ兼記者‏認証済みアカウント 
@itami_k
フォローする @itami_kをフォローします
その他 伊丹和弘@マリサポ兼記者さんが杉田 水脈をリツイートしました

僕の祖父はインパール作戦で戦病死した。兵站無視の戦いを強いられ、死に追いやられた。それ以上でも、それ以下でもない。「命を投げ打って守ってくださった先人達がいる」などと戦死者たちを持ち上げるような表現で、当時の戦争責任者たちを免罪するのはやめて欲しい。

山崎 雅弘‏ 
@mas__yamazaki
フォロー中 @mas__yamazakiさんをフォローしています
その他 山崎 雅弘さんが伊丹和弘@マリサポ兼記者をリツイートしました

「戦死者たちを持ち上げるような表現で、当時の戦争責任者たちを免罪する」という指摘は、重要なポイント。『戦前回帰』等で書いたが、靖国神社の様式で戦没軍人を「英霊の顕彰という体裁をとって際限なく称揚」すればするほど、彼らを死なせた上官や戦争指導者は免責される。

山崎 雅弘‏ 
@mas__yamazaki
フォロー中 @mas__yamazakiさんをフォローしています
その他

逆に言えば、先の戦争を引き起こし、敗北が明白となってもなお敗北を認めずに軍人や市民を無為に死なせ続けた国家指導部や、その行動の根底にある当時の価値観を肯定・擁護したければ、靖国神社の様式で戦没軍人を「英霊の顕彰という体裁をとって際限なく称揚」すればいい。問題の本質が完全に隠れる。






神様の「天皇」とその軍隊に失敗はあり得ない。ので、無かったことにする。

その総決算が、大敗北で無条件降伏だった。


今度は「神のような天皇の臣僚」が為した政策には間違いがない。ので、無かったことにする。

その総決算が、日本全土を福一の放射能だらけになり、日本人の絶滅となるのです。

滅天皇制しか、日本人は生き延びれない。



やっぱ、天皇は要らん。日本にも・・・。


お読みくださりありがとうございます。


henzyouhiryuu at 18:39 |  
ギャラリー
  • 初弘法・2020
  • 月参りでした。 
  • 月参りを。
  • 暑い中を須磨寺に・・・
  • 遅れながら、月参りの記事。
  • 遅れながら、月参りの記事。
  • 一応忘れないうちに、月参り。
  • まあ月参りです。
  • 一日遅れで。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。