2015年09月

2015年09月30日

開運法についての二三の。

現代を斬る より  


上記文抜粋
・・・・・・・・・・
変心の原理…ピントは何処?

  本日はごくごく当たり前、精神世界や自己啓発について語る時の大前提についてコメントしておきたい。KOHHYの曲で「Mirage Mirror」や「さよならのかわりにCall My Name」というのがありましてw「あーりのま・ま~」とか「変わってーゆくわーたし」というフレーズがあるのですが、これはよくヒーリングの際にも使われることばです。同様に「努力する」「頑張らない」の論争や、「ポジティブ・シンキング!」という悲痛な叫びとかがあるわけですが、このような論争・葛藤のどこがピント外れで不毛なのかどうしようもないボンクラちゃんが申し上げます。

  これは端的に「顕在意識(アタマ・理性)」か「潜在意識(無意識・ホンネ)」の問題ですね。これでお終いですw しかし精神世界やヒーリングに興味を持つ部類の人間、というお方は(かくいう私も呼吸法をやって脳内物質爆発のアタマでわかりやすい心理学の本を読めば読むほど悩みが深まったクチです)、上記の二者択一をすべて「顕在意識(アタマ)」で思考するから、悩みが深まり、かえって行動できなくなるのです。無意識のブロックを外す方法はまずその存在を認知することなんです。ですからこの点では「ありのまま」「頑張らない」で自分のココロを見つめるのです。でもこの段階でも顕在意識のそれではなく、無意識の感情やコトバにすらなっていない気持ちの方が望ましいのです。

  もし認知できたことによって無意識のブロックが外れれば(浄化・解消できれば)その分「自分が変わり」、言外にあるコツや方法が見えたり思いついたりするものです、すなわち自分を変える「努力ができる」。勿論そのコツを発見したり体得する過程での反復は必要でしょうが、パターンを持ってはいても状況は変化するものです。できる人というのはパターンのあてはめ方が臨機応変で上手いのではありませんか? まとめれば、「そのままの自分でオッケー」「絶対自分を変えてやる!」「前向きに」「ここはよく考えて」「本をこれだけ読んでいるのに」「長年頑張ってきたのに」どのような方策でも意識の表層でぐるぐる廻っているうちはうまくいきません。意識の深層にすーっと入ればどの方策も生きてくるし、じたばたしなくとも自ずとうまくいくと思います。表層ではなく無意識を変えることです。 





・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
抜粋終わり


なにか参考になりそう。


お読みくださりありがとうございます。
 

henzyouhiryuu at 19:50 | 無駄話、与太話。  

2015年09月22日

観音さんのお経・・・

先日、須磨寺に参拝


話はかわるけど、観音さんのお経は今は「高王白衣観音経」が今は無難かな・・・

最近、不思議にこのお経が読経しやすくしなった。


参考 

参考2

法華経に入っている「観音経」は、法華経カルトの影響も受けるので、あまりお勧めできない。



それを避けるためには 延命十句観音経は、観音さんの真言。あるいは高王白衣観音経が良い。


でも、これは今は中国でたくさん読まれてますけど。


法華経カルトよりましか。

延命十句観音経 の元ネタのようですし。


南無大慈大悲観世音菩薩




img6f4ae453zik9zj
 

henzyouhiryuu at 19:18 | 寺社巡礼とか  

2015年09月18日

とある葬式の作法の肝。 

http://ameblo.jp/avisharokya-1128/entry-12074348576.html より  


上記文抜粋
・・・・・・・・・
ホール式 葬儀…口傳


ホール式は 本尊が無いから 魂の 落ち着き無い…

最適は、寺院の、本堂…本尊の 加護の元…引導授かる…

次は 仏壇のある家… 御先祖さまの 加護が あります…

ホール式葬儀は、長居は 無用…

魂の 落ち着き無い… 四国八十八ヶ所の 掛け軸を持参し…本尊として 掛けてもらい…
弘法大師さまの 加持力にて…引導授ける…

ホール式では 用事済めば…早々に 退散…
お茶は 飲むべきではない…不浄の 火で沸かす 茶は よろしくない…拙者は 持参する…

帰宅すると 施餓鬼供養は 勿論ですが…
入浴前に ①日本酒一合② 粗塩一握り…
洗面器に入れて お湯を 足して 薄く…混ぜ合わせて…
『祓いたまえ 清めたまえ』を、唱えながら 奇数…七、五、三…回 体にかけて…それから 風呂に入る…。
東京方面では 葬儀会場 外に 塩水の 手洗い場有り…手を 洗い 寿司を 一口…食べます…
関西は 近年 塩さえ配置せず…

葬儀屋にも 御教示しましたが…

風呂に入れない時…
遺体を 触った後には… 酒 塩で 肘まで 手を洗い 清める…

遺体を 素手で 触るのが 儀礼…



・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
抜粋終わり

 
遺体が不浄かどうかは、議論の余地はあるが、葬儀という非日常から、日常に帰るのに「塩で清める」のは、情理にかなう。

そもそも仏式で葬儀をしながら、本尊を置かない。っておかしいよね。


まあ、参考程度で。

@yaginuma_san あのさーアチラ側の計画書に全ての宗教を廃止って書いてあるの忘れたのかなぁ?あいつらは「宗教団体」は廃止するけど、宗教を使って支配するのをやめるわけではない。宗教「団体」という枠を外す事で宗教嫌いな連中も洗脳する。その程度くらい陰謀論やるなら見抜こうね♪

 

@yaginuma_san ほんと、頭悪いね。宗教「団体」を潰しただけで、スピリチュアルという洗脳道具で操るのはやめてない。逆に聞くけど、こんなにスピ本が氾濫するのは陰謀論的に見たら陰謀以外の何者でもないんですが?クリシュナムルティを持ち上げたのはベイリーだぞ。最初から紐付き。



お読みくださりありがとうございます。 

 
追記

 いくら宗教をなくしても禅宗でいう
「家を出て、別の家に入る」

ようなならば、それは空しいし、より性質の悪い「宗教」に執着したら、もっとアホウ臭い。

その辺のことを考慮しないと、いけない。


henzyouhiryuu at 09:13 | 寺社巡礼とか | 政治とか 

2015年09月13日

諸葛孔明 参署 丞相府 布告


「そもそも職務にたずさわる者は、人々の意見を求めて参考にし、主君の利益を上げるように。

もしもわずかな不満によって人を遠ざけ、自分と意見の違う者を非難して検討しなおすことをいとうならば、仕事に欠陥を生じ損失を招くであろう。

異なる意見を検討し直して適切な施策ができれば、それはちょうど破れ草履を捨てて珠玉を手に入れるようなものである。

とはいえ、人間は残念ながらそうすべてのことに気を配れないものだ。ただ徐庶だけは、こうしたことに対処して迷わず、また董和は職務にたずさわること7年、仕事の上で不十分な点があれば、、何度も考え直し、相談にやってきた。


かりにも徐庶の十分の一の謙虚さと、董和の繰り返し検討する態度に心をよせて、国家に忠勤を尽くすことができるならば、私も過失を少なくことができるにあろうに」
{三国志 董和伝 より}


henzyouhiryuu at 02:08 | 名言の備忘録  

2015年09月07日

御来訪・・・

今日9月7日の昼寝の夢


・・・・・・・・・・

自宅のCD・MDを調べている。


ガンダムのEDテーマ{たぶん、月の繭。かヒューマンタッチ}

の曲の入ったCD・MDを探している。

なぜか、新井信介先生が、来ていて、私の妹と一緒にさがしている。



・・・・・・・・
・・・・・・・・・
 

なんで?


ともわれ、「ブリヤート共和国への日本人の移住」について、後刻易に問うつもりだったので・・・


わけわかんけど・・・


面白い夢なので載せました。


ではまた。 

henzyouhiryuu at 17:03 | 夢の話に・・・  

2015年09月05日

先祖供養は、先祖の尻ぬぐいでもある。あとついでに。

最近思うこと。

仏教系サイトを見て思ったこと。

だいたい「先祖供養が重要」という。


でも、先祖の悪事に苦しんでいる人には、普通は「糞喰らえ」でしょう。


でも、実は「先祖供養とは先祖の悪事を是正することである」

と思った。

人間だから過ちもある。先祖も然り。


人間の気質や運は、

1・遺伝

2・ミーム

3・教育

4・社会

5・仲間

とかある。

1と2は確実に先祖経由である。

遺伝も「人間を作るルールの一つ」にすぎないが、それだけでもやはりそこそこ制約力がある。

ミーム{文化遺伝子}も、慣習・考え方とかで、それを規制する。

だいたい、人間は半分は「家族・家庭」が、原因で不幸になる。


で、不幸の原因である、ミームや遺伝をなにか是正する古来からの方法が「先祖供養」だったと思える。

易の山風蠱もそうだ。


先祖が憎いと、供養したくなくなり、不幸にも逆の悪循環をしてしまう。

先祖供養という「悪習の是正を先祖に突き付ける」行為をすることで、幾分か、現在の不幸・不吉を是正ができるということだろう。



先祖は、それなりに敬意を持つべきだろうが、「負の遺産」もそれなりに背負わされている。

駆け引きや対応が大事に思える。
ただ這いつくばって「崇拝」するだけなく「礼節をもって、敬う。時には脅す。」ことが大事なのであろう。


先祖供養という形で、先祖に「貴方たちの過ちを糺せ!」ということなのだろう。

一に「感謝」、二に「糾弾と是正」

1が無ければ、2には起動しない。

「糞野郎が!」としか思わない相手には対応しないってことかもしれないし、
別の観点では、それでは「起動ボタン」を押せないってことのようです。


まあ「感謝」すると、仮に「糞先祖の負の遺産」以外の「宝物」を見つける端緒にもなるので、軽視してはいけない。


で、それで子孫たる我々が繁栄すると、それも先祖への報恩・供養なのであろうし先祖の幸いだろうし。


あとついでに、なんとなく近くの観音さんに「百日参り」を実験中。

大石順教さんの本にちらっと乗っているのを思い出し、先日の結構かわいい観音さんが良いので、やってみようと。



てな話。

ではまた。


お読みくださりありがとうございます。 



henzyouhiryuu at 21:19 | 寺社巡礼とか  
ギャラリー
  • 出開帳に行きました。
  • とある龍神の祀り方。
  • 関東のは方は、あまり護摩の時に・・。
  • 初弘法・2020
  • 月参りでした。 
  • 月参りを。
  • 暑い中を須磨寺に・・・
  • 遅れながら、月参りの記事。
  • 遅れながら、月参りの記事。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。